外国語活動現場の声: 2011年12月アーカイブ

以前、電子キーボードのリズムを使った授業について掲載しました。

今回は、電子キーボードの曲(ソングバンク)を授業の始まりの歌として

使用している様子を紹介します。

 

 

この動画は、外国語活動2年目の先生のクラスで行われている活動の様子です。

このクラスでは、授業を始める時にソングバンクの森のくまさんを使用して、始まりの歌を

歌っています。

先生の声: 「毎回授業の始めに歌を歌うので、子ども達は歌い慣れ、自信を持って

        歌っています。また、自信を持って歌うのでとても元気よく歌えます。

        雰囲気作りにはとてもよいです。」 (和歌山市立 野崎小学校 泊里先生より)

 

このように、電子キーボードを使うことによって、手軽に英語表現を授業に取り入れることが

できるようになります。また、ソングバンクやリズムを使って楽しく復唱することは

「英語を勉強している」と子ども達に意識させることがあまりありません。

それゆえに、自然に英語表現が頭に入り、定着し、実際のコミュニケーション活動でも

すぐに使用することができるようになります。

 

英語表現を容易に「かたまり」として捉えて、記憶の働きの助けを行うのがこの

電子キーボードを使った活動の最大の特徴と言えるでしょう。

こんにちは。今年も残りあとわずかですね。

今年の振り返りとして、当協会が外国語活動支援・サポート事業を行っている

モデル小学校4校で、先生方に外国語活動について聞いてみました。

 

①以前から外国語活動の授業運営についての自信はありましたか?

1.JPG

 

②外国語活動カリキュラム作りは大変ですか?

2.JPG

③外国語活動用の教材はどのように準備していますか?

3.JPG

④必要な教材は揃っていると思いますか?

4.JPG

⑤児童達は外国語活動に楽しく取り組んでいると思いますか?

5.JPG

⑥先生ご自身は楽しんで外国語活動をされていますか?

6.JPG

⑦1年目と比べて、ご自身に変化はありましたか

7.JPG

「自分に対する抵抗感がなくなって、楽しめるようになってきた」

「少しずつ授業の形態やアクティビティーが身に付き、前向きになれたと思います。」

「心に余裕が出来、色々自分でアレンジできるようになった。」 などの声もいただきました。

始めは授業運営について自信を持てなかった先生方ですが、今では少しずつ楽しみながら

外国語活動 をされるようになってきているのではないでしょうか。

全員の先生方がカリキュラム作りは大変と答えて います。 当協会作成の教材を、そのまま

使用して下さったり 、自分なりのアレンジを加えて使 用して下さっています。

 

 

 

 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25