国際教育講座「墓地スラムの子供だち」を終えて

| | コメント(0) | トラックバック(0)
平成28年11月12日(土) 第1回 国際教育講座を行いました。

大阪からCEC文化交流協会代表の池頭 稔さんを講師として迎え、フィリピン・セブ島における
貧困の子供だちへの支援を中心とした現地でのNGO活動について話していただきました。

初めに、池頭さん自身がどうして海外ボランティア活動をすることになったのかなど自己紹介を
含めて現在のフィリピン・セブ島の様子を話してくださいました。大学卒業後、商社に勤めるも
辞めて海外に飛び出し,イギリス滞在中に見た一枚の福祉ボランティア募集のポスターが
ボランティア活動を始めるきっかけになったそうです。

イギリスやスペインでボランティア活動を行うこと約2年、その後、帰国してからボランティア仲間
と海外ボランティア専門の語学留学をサポートする会社を設立し現在は英語圏だけでなくアジア
にも広く活動を展開し、特にフィリピンセブ島における貧困層の子供たちへの教育や食育支援は
池頭さん自身のライフワークになっているとのことでした。

墓地スラムでくらす貧しい子どもたちの様子の映像や写真を通して、日本での恵まれた生活が
できていることを感謝すると共に少しでも私たちにできることがあれば是非支援したいと強く感じ
ました。

参加された方々の真剣に聞き入っておられる様子が印象的でした。
IMGP4773.jpg   IMGP4790.jpg   IMGP4812.jpg





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国際教育講座「墓地スラムの子供だち」を終えて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.aiel.jp/mt/mt-tb.cgi/212

コメントする

カテゴリーの月別アーカイブ

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25